百鬼夜行

素性を知られぬままエンジニアになることを目指します

ギターの独学リペア&メンテナンス日記 1

中古のギターを引き取ることになり、「メンテナンスすれば全然使える」とのことだったのでいじり始めたら、これがなんとも夢中になってしまい、いろんな動画や本で勉強しつつ、ギターのリペアとメンテを独学でやってみることにした。

やったこと

今回は Epiphone の G-310 をメンテします。めずらしいVWカラー。

ピックアップとピックガードのネジのサビ取り

以前重曹とレモン水で炭酸ガスを発生させて取ろうとしたのだが、重曹がネジ穴に詰まって大変なことになった。

なので別の方法として木工用ボンドが使えるそうなので、ネジとピックガードにちょっと盛るくらいに塗ってみた。 半日ほどで乾くそうなので、乾いたらぺりぺりはがしてみる。

指板のヨゴレ取りとフレットの磨き上げ

指板がカサカサになっていたのでレモンオイルティッシュを使って塗り込んで、仕上げに歯ブラシでゴシゴシ。歯ブラシを使っていいのかは謎だったが、フレットと指板の隙間に入って隅々まで磨けた感はある。

そのあとに指板にマスキングテープを貼って、ピカールとクロスで磨き上げた。ちょっと吹いただけでもクロスがめちゃくちゃ黒くなってびっくりした。

このふたつの作業、どっちを先にやったほうが良いのだろうか...。

ブリッジとテールピースの磨き上げ

フレットと同じようにブリッジとテールピースをネジごとピカールで磨いた。細かい部品にや小さな穴に関しては、綿棒を入れてこすってみた。

今回の反省と気づき

  • 全体的な作業の正しい工程を確認しておくべきだった
  • クロスがすぐ黒くなるので他の布とかを使う方がいいのかも?
  • ピカールがシンナーくさい...
  • 綿棒はマストでいるもの
  • 木工用ボンドはすぐなくなるからでかいやつのほうがいい
  • ギターを置く場所がないのでギタースタンドと寝かせられるようの台を購入する
  • テールピースとブリッジの土台(?)は外すべきなのか
  • ナット外すようの工具がないので購入する
  • マステは3種類必要(18, 12, 6)

今後の目標

ひとまずこのSGを磨き上げたら、次はYAMAHAのPAC312のメンテナンスをしてみようと思う。 最終的には中古の安ギターをリペアして売れるようになるまでやってみたい。